2005年11月09日

終わりは始まり

あるモノの終わりを知らされた。それはまだ言葉にしてはいけないだろうから、ここには書かない。来るべきその日まで。来月だったっけ?もうちょっとちゃんと聞いておけばよかった。

とは言っても、このブログを読んでいる大半の方にとっては、どうでもいいことだと思うので、どうぞご安心を。そのあるモノが終わったって、世界は何にも変わりゃしないんだ、ぶっちゃけ。

でも私は、それが結構好きだった(笑)。大好きって言うのはおこがましい気がするので、結構好き。だって、もっと本当に大好きって言う人がいっぱいいるからね。それに出会えて、少しだけでも関われたことに、感謝します。ちょっと寂しいけど。

人が出会って、何かしらの共感を覚え、互いの関係を紡いでいく。でも、その先には突然か、それともゆるりとしたものかはわからないが、必ず終わりがある。

そんなことを思い知らされた、今日この頃。

でもね、そこで終わったままじゃないって思ってます。往生際が悪いかもしれないけど。終わりの後には始まりがある。新たな道を、人はそれぞれ進んでいくのです。それをまた私は、本当に陰ながらではあるけれど、応援したいなーと思ってます!以上、なんのこっちゃわからん今日の日記を終わります(笑)!
posted by さち at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。