2005年10月28日

お気の毒

詳細がわからなかった昨日のボルドーvsマルセイユ。
試合終了間際にマルセイユのOGで1-0負けだったようですね。浩二さんは得点には絡まなかったものの、フル出場。地元紙も割と評価してくれたようで、一安心です。

対戦したボルドーとは相性が良くないらしく、ボルドーの本拠地では77年以来勝ちがないそうです。それはお気の毒に・・・。OG負けなんて、呪いでもかけられてるんじゃないでしょうかたらーっ(汗)

お気の毒と言えば、われらが鹿島アントラーズ。
首を痛めている本山や、左ひざ痛のフェルナンド、前節右太もも打撲のリカルジーニョ、左ふくらはぎ痛の新井場・・・そして小笠原までもが両太ももの裏に違和感とのことで、怪我人だらけふらふら他のチーム(清水やFC東京)に比べたら、まだマシな方かもしれませんけどね。

小笠原は去年も一昨年も、シーズン終盤に同じところを痛めてましたね。イングランドほどではないものの、過密スケジュールに選手達の体は悲鳴をあげています。

特に小笠原にとっては、今オフの移籍とW杯に向けてアピールしなくてはならないし、なんと言っても優勝争いしているチームのゲームキャプテンですからね。色々な重圧もあるだろうし、体も万全ではないけれども、何とか踏ん張ってほしいものです。
posted by さち at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。