2006年06月24日

紅く燃ゆる眼、蒼く燃ゆる心

散歩と買い物を兼ねて、新宿と大久保まで歩いて行った。
大久保駅の前を歩いていたら、後ろから中年男性2名のこんな声が聞こえた。

「今日は韓国の試合があるんですかね〜。」
「あぁ、そうかもねー。それにしても、ひどかったねぇ〜。負けるのは仕方ないとしてもね、あれはないよねぇ。情けないよ、まったく。やる気あるのかねー日本は。」

確かに、今朝のブラジル戦は、そう言われても仕方ないのかもしれない。
動けていない選手もいたし、2点取られたあたりからは、皆うつむき加減。ゴール前では足が止まり、ボールウォッチャーと化している。中途半端なプレスやパスミスが多く、それに対するフォローも殆ど無かった・・・。攻守にわたって動き出しが遅かった。

でも、私は本当はその場で振り返って、その男性に言ってやりたかった。

「今、あなたが言ったことをもう一度、中田英寿の前で言えますか?」って。

私は、言えない。そんな残酷なことはできない。あの中田英寿という人物が、力を振り絞って誰よりも駆け回った彼が、ピッチの上で仰向けになったまま、目を赤くして泣いていた。どれだけ悔しくて、どれだけ自分を責めたのだろう。

サッカーすらよく知らないであろう中年男性に、彼の何がわかるのだ。彼だけでなく、日本代表選手やスタッフたちの何がわかるのだ。いや、わかってたまるか!もちろん、かくいう私だって、全てをわかってはあげられないだろうけど。

今回のW杯、日本はグループリーグを勝ち点1の最下位で敗退。でもこれは、前回大会の成績をみて、期待しすぎた私たちが悪いのではないか。

自国開催した4年前とは、比べ物にならない厳しさだったということを、どれだけの日本人が理解していたのだろう。初出場の8年前は勝ち点1すら取れなかったということを、どれだけの日本人が理解していたのだろう。

日本サッカー界はレベルアップしているとは思うが、世界との差はまだかなり開いている。中田英でさえ、イングランドのボルトンという所属チームでは、殆ど試合に出してもらえない。

今大会は、決勝ラウンドにいける可能性だって充分にあったのも事実。しかし、初戦を思わぬ形で落とし、そのプランはあっけなく崩れ去ってしまった。そこから立て直すプランは、実は用意していなかったように思える。それでも日本は、怪我人や怪我明けの選手もいた中で、よくやったと言ってあげたい。

今日、この日を境にして、また新しい日本代表が作られていく。今大会で宿敵となったオーストラリアは、アジア地区の所属になることが決定している。日本が2連覇したアジアカップや、W杯出場を賭けたアジア予選で、イヤでも闘わなくてはならない。今大会より厳しい予選になるのだ。出場すら危うい。

その危機的状況を、楽しみにしている私がいる。逆境こそ、燃えるのだ(笑)。燃え方は、メラメラでもゴウゴウでもいい。ただ、その火を決して絶やさないでほしい。どんな危機的状況においても、下を向かないでほしい。

そうすれば、ブラジル戦での玉田のゴールみたいに、とてつもない爽快感と感動が、きっとあるはずだから。

posted by さち at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19747614

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。